自分のデスクで会議が可能|新しい会議の形WEB会議

最大限に利用

ミーティング

近年、web会議は多くの企業が導入しているほどポピュラーなものになってきています。テレビ会議と違って、インターネット環境があれば簡単に導入できる手軽さもあるため多くの企業が導入し始めている傾向にあります。テレビ会議は、どうしても専用の回線を導入しないといけないため導入費用が高額になりがちですが、web会議はインターネット環境とカメラ、それを利用できるパソコンやタブレット、スマホがあればどこでも会議室にすることが可能です。初期導入には5万円前後、月々の通信料支払いは2万円を超えない程度だと言われています。ただし、導入するサーバーによっては質の問題があると言われているので、導入前にはしっかりと情報を集めておくとよいでしょう。後悔しないためにも、事前に情報を集めることは大切です。

遠方にいる人とも自分のデスクで会議が可能になるweb会議の有用性はそれだけではありません。資料などの閲覧や編集が自分のパソコンやタブレット、スマホさえあれば簡単にできるものです。そこで、web会議を発展させた使い方として営業のサポート、窓口業務を円滑にサポートするということです。営業先で、より円滑に営業ができるように資料の提示や編集をお客様と一緒にやることによって営業の効率が格段にあがります。窓口業務も同様です。お客様のモニターと自分のモニターで編集を行なうことができるのでお客様に説明がしやすく、変更点を一緒に確認しながら変更を行なうことができます。web会議には、このような使い方も可能です。